• Home シミに効くハイドロキノンの使い方

シミに効くハイドロキノンの使い方

シミやソバカスを解消してくれるハイドロキノン。安全に大きな効果を得るためには、使い方にコツがあります。

コツは洗顔と紫外線ケアの2つ

ハイドロキノンの使用は、朝と夜の2回と言われています。製品によって具体的な使用方法は異なるため、マニュアルをよく読むことが重要ですが、下記は特に注目したいポイントです。

1)あらかじめ洗顔し、乾いてから使いましょう
医薬品の塗布は清潔な状態で行いましょう。顔を洗う際は皮膚を強くこすらないこと、摩擦はシミを作る原因になります。

また、顔を洗った直後は、肌の角質層がたくさんの水分を含んだ状態になります。薬剤の浸透性が上がり効き過ぎてしまう危険があるので、20分ほど待ってから製品を使いましょう。時間がない場合は、化粧水や乳液でカバーして浸透力を抑える必要があります。

2)紫外線ケアをしましょう
ハイドロキノンを塗布すると紫外線にとても弱くなるため、使用後はできるだけ外出を避けましょう。どうしても出かけなければならない際は、帽子をかぶる、クリームを塗るなどの対策をしっかりと行いましょう。

製品を正しく使うことが、良い結果を得るコツになります。特に洗顔と紫外線ケアに力を入れることで、ハイドロキノンの効果が最大限に発揮されるでしょう。